スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で4日目



英語学習を初めて4日目。

1日目は、単語耳Lv.1の理論編を読むこと。
なにより何からはじめるかを学ぶためだ。

単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 理論編+実践編Lv.1単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 理論編+実践編Lv.1
(2007/03/23)
松澤 喜好

商品詳細を見る


英会話ができる状態は、
・リラックスしていても英語が聞き取れる
・何時間でも英会話ができる
ということ。

たしかにそうですね。

聞き取れて、話せるようになるために大切なことは、「完全な英語耳」を手に入れること。

じゃあどうすれば?ということが理論編には書いてあり、非常に参考になりました。

「完全な英語耳」を獲得するために、
1)発音
2)語彙
3)多読
の3段階にわけて習得するとよいらしい。
※詳しくは、本書を読んでみてください。

ここは素直に聞いて、単語耳理論編から自分なりにカリキュラムを
たててみました。

1)「単語耳3?4分ぐらいずつ×10回発音」
   スペルや発音記号、意味を見ながら各10回繰り返し発音します。
   3?4分ぐらいずつというのはなんとなくの目安で、だいたい同テーマひとかたまり
   を1セットにしています。

2)「1曲歌を1日10回×10日ひたすら聞く」
   単語だけでなく、長い文章の発音を習得するためには、
   「Parrot効果(オウム効果)」「シャドウイング」が鍵。
   とにかくくり返し聞きくり返し発音することが大切なのだ。
   本によると、
   ======================
    ?まず、歌(なるべくスローな曲)をひたすら聞き、一緒に歌う
    ?次に、3分ほどの会話をひたすら繰り返して聞く。
    ?10?15分の会話をひたすらくり返し聞く。
   ???とも300回ずつは繰り返す。
   ======================
   とのことなので、手始めに?を300回。
   これも、本によると
   ======================
   ?100回は、ひたすら歌に聞き入る
   ?次の100回は、歌詞を見ながら聞いて意味も理解。
     辞書を引いて発音記号を明らかにしておき、それも覚える
   ?最後の100回は、音楽と一緒に歌う。歌詞は完全に暗記する。
   ======================
   ということなので、「1日10回×10日ひたすら聞く」ことにした。

3)「自分にあったペーパーバックを読む」
   ネイティブの英語理解に近づく練習として、「目で聞く」ということが
   重要らしい。そこで、本屋に行き、

めざせ100万語! 読書記録手帳めざせ100万語! 読書記録手帳
(2005/03/26)
SSS英語学習法研究会

商品詳細を見る


   を購入しました。
   単語耳理論編でも紹介されているのですが、多読の秘訣とレベル別の本リストが
   書かれているので参考になるかと。
   どんなレベルのものから読めばいいかもだいたいわかります。

   わたしは、とりあえず在庫が豊富だったPENGUIN READERS」レベル2から
   はじめることにし、

"Pirates of the Caribbean": the Curse of the Black Pearl Pt. 1, Level 2 (Penguin Longman Penguin Readers) (ペーパーバック)
(2007/05/03)
Penguin Readers

商品詳細を見る


   と、単語耳理論編で紹介していた

チョコレート工場の秘密 - Charlie and the ChocolateFactory【講談社英語文庫】チョコレート工場の秘密 - Charlie and the ChocolateFactory【講談社英語文庫】
(2005/06)
ロアルド ダール

商品詳細を見る


  を購入しました。
  まだ読んでいないのですが、もしきつければ(10個に1個わからないレベルならOKらしい)、
  レベルを下げようと思っています。

4)「辞書を読む」
  単語耳理論編のコラムで、英和辞典を読むことを進めていました。
  読む辞書として紹介されていたのが、

ニューヴィクトリーアンカー英和辞典―和英・活用ガイド・CDつきニューヴィクトリーアンカー英和辞典―和英・活用ガイド・CDつき
(2005/10)
野田 哲雄

商品詳細を見る


  ホントに読めるのか?!という気もするのですが、語彙を増やす意味でも
  少しずつチャレンジしようかと思っています。

そんな感じでとりあえず4日目。
1)「単語耳3?4分ぐらいずつ×10回発音」
2)「1曲歌を1日10回×10日ひたすら聞く」
だけは、いまのとこやっています。

ちなみに選曲ですが…
たまたま、英語を学ぼうとする前に再放送していた「未成年」のエンディングで
使われていたカーペンターズの名曲「I Need to Be in Love」にしました。
私はipodnanoで聞くので、ITuneで購入しましたが、「Gold: Greatest Hits」の11曲目です。

Gold: Greatest HitsGold: Greatest Hits
(2002/02/12)
The Carpenters

商品詳細を見る


しかし、「未成年」のエンディングは、『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせる美しい映像ですよね。
↓↓↓もしよければどうぞ↓↓↓
未成年 DVD-BOX未成年 DVD-BOX
(2003/06/26)
いしだ壱成香取慎吾

商品詳細を見る


《放送日》 1995年10月~12月(連続ドラマ)
《脚本》 野島伸司
《出演》 いしだ壱成 香取慎吾 反町隆史 河相我聞 北原雅樹 朝岡実嶺 浜崎あゆみ 遠野凪子 桜井幸子
《最高視聴率》 23.2%

《概要》
1995年の夏の東京を舞台にした、野島伸司脚本の青春群像劇。大学ラグビーの花形である兄と何かと比較され、家庭内に居所がなく、将来のこともわからない高校三年生の戸川博人(いしだ壱成)。アルバイト先で偶然出会った女子大生・新村萌香(桜井幸子)のことが気になり始めるが、兄が交際相手として家に連れてきたのは、その萌香本人だった。
博人を中心に、知的障害者の仁(香取慎吾)、優等生の勤(河相我聞)、博人の幼なじみの順平(北原雅樹)、そして暴力団末端構成員の五郎(反町隆史)の5人の、漠然とした不安感と息苦しさを抱えながらも生きる姿を、カーペンターズの名曲の数々をBGMに描く。かつては無限に続くかに思えた時間が、限りあるものであることを認識せざるを得ない、青春ならではの展開が切ない。(田中 元)

《エンディング》
このころの野島脚本ドラマは、痛くて苦しくてそれでいて優しくて、いいっすなー


スポンサーサイト

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ミュウ

Author:ミュウ
■特徴
1.ロードバイク乗り
2.猫が好き
3.英語力は、中学生以下
4.勉強は好きではない

最新記事
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。